【WMT】2021年度第1Q(FY22Q1)決算発表 ウォルマート(Walmart)

決算まとめ

ウォルマート(Walmart)とは?

 ウォルマートはアメリカに本拠地を持つ世界最大規模の小売企業です。現在では海外展開を進めており、世界20か国以上に展開しています。

 すべての事業が同じ小売(スーパー、ディスカウントストア)ですが、米国事業、海外事業、サムズクラブ(会員制スーパー)の3つの事業に分かれています。取扱商品は食料品、医薬品、その他の一般製品(本、衣服etc)などが中心となっています。店舗数は全ての事業を合わせると1万店舗を超しており、毎週2億2000万人が店舗を訪れます。また、近年ではEコマースにも力を入れています(下のサイトはEコマースのWalmart.com)。

Walmart.com | Save Money. Live Better.
Shop Walmart.com for Every Day Low Prices. Free Shipping on Orders + or Pickup In-Store and get a Pickup Discount. Open a Walmart Credit Card to Save Even Mo...

 ウォルマートの競合としては会員制スーパーのコストコ、クローガー、ウォルグリーンズなどが存在しています。その中でもウォルマートは店舗数、大量仕入れ(と人件費削減)による価格競争力を強みとしています。(余談ですがウォルマートは最低賃金で労働環境が悪く労働者にとっていい環境ではないとの話をよく聞きます…)

 また、Eコマースを推進したいウォルマートとしてはAmazonも競合の一つになるでしょう。

 Amazonの決算まとめについては下記の記事でまとめているのでご覧ください。

決算まとめ

 それでは今回の決算を見ていきましょう。

●2021年Q1(FY22Q1)

 売上高 $138.3B(予想$131.97B)前年同期比+2.7%

 EPS 1.69$(予想1.21$)

・米国事業 前年同期比+5.0% / Eコマース+37%

・海外事業 前年同期比-8.3% / Eコマース+49%

・Sam’s Club 前年同期比+6.2% / Eコマース+47%

●2021年Q2(FY22Q2),FY22通期ガイダンス

○FY22Q2

・米国事業売上高 1桁台前半の増加

・営業利益    1桁台半ばの減少

・EPS      1桁台前半の減少

○FY22通期

・売上高     1桁台前半の減少

         (米国、Sam’s Clubは1桁台前半の増加、海外は20~25%の減少

・営業利益    1桁台半ばの増加

・EPS      1桁台後半の増加

・設備投資    140億$

 売上高は予想$131.97Bに対し$138.3B(前年同期比+2.7%)、EPSは予想1.21$に対し1.69$と売上高、EPS共にコンセンサス予想を大きく上回りました。米国事業、Sam’s Clubは1桁台半ばの売上高成長を見せたものの、海外事業が前年同期比-8.3%と苦戦しました。しかし、コロナ渦の巣ごもり需要を追い風に全ての事業においてEコマース売上高の成長率が40%前後と大きく成長しました。

 2021年Q2(FY22Q2)および通期のガイダンスは上記の通りになります。FY22の通期ガイダンスで海外事業の売上高が20~25%減少していますが、これは日本の西友、イギリスのアズダ、アルゼンチン事業を売却した影響です。不採算事業の売却により選択と集中、再編を行っています。この事業売却を除けば海外事業は1桁台半ばの成長予想となっています。海外事業の売却を除けば売上高、EPS共に増加予想をしており、順調に業績を伸ばしていることが分かります。

 この決算発表を受け、市場は好感し株価は上昇しています。

業績

 それでは業績について詳しく見ていきましょう。

(売上高 B$)

 上のグラフは「四半期ごとの売上高推移」になります。売上高には季節性があり、第4Qに増加し次の第Q1に減少する傾向があります。

 2021年Q1(FY22Q1)では売上高全体は138.3B$(前年同期比+2.7%)となり、米国事業の売上高は93.2B$(前年同期比+5.0%)、海外事業の売上高は27.3$(前年同期比-8.3%)、Sam’s Clubの売上高は16.7B$(前年同期比+6.2%)となりました。営業利益率は5.0%(前年同期比+29%)となりました。

 米国事業の売上高成長において、食料品・医薬品などの伸びも影響したが、特にアパレル・アウトドア用品・スポーツ用品などの一般商品が前年比+20%超と大きく貢献しました。これはアメリカの景気刺激策である3回目の現金給付(1400$)による影響であるとされています。

 海外事業の売上高は先述した事業売却により減少していますが、それを除けばプラス成長しています。ウォルマートはメキシコ、中国、カナダの地域に注力しています。

 メキシコではアパレル、一般商品の売上は成長しているものの、食料品の成長が鈍化しており、既存店売上高は‐0.8%と減少しています。しかし、Eコマースの売上高成長率は+166%と急激に成長しています。

 中国ではSam’s Clubの売上高が2桁成長するなど順調に業績を伸ばしています。また、Eコマースも+60%の高成長を維持しています。

 カナダではアパレル、雑貨の売上が好調であったがコロナの逆風によりそこそこの成長に留まりました。Eコマースは+116%と大きく成長しています。

 Sam’s Clubの売上高は米国事業同様、食料品・医薬品が堅調に成長したが、特にアパレル・アウトドア製品が+50%成長と売上高成長を大きく牽引しました。

株価と株主還元

株価

●2021/5/21現在 

 ・株価   141.75$

 ・時価総額 398.81B$

 ・PER   32.95倍

ウォルマートなどの食料品を扱う企業は生活必需品であり、コロナによる悪影響を受けるどころか巣ごもりによる恩恵を受けるため、コロナショックで株価は大きく下落しませんでした。それに加え業績、配当金が安定しているため堅調に推移しています。PERは32.95倍と一般的には高い水準になっていますが、株高である今そこまで割高な水準ではないと思います。

株主還元

 ウォルマートは株主還元を積極的に行う企業です。株主還元の方法は大きく2つあり、【自社株買い】と【配当金】があります。ウォルマートはその2つ両方を継続的に行っています。それぞれについて見ていきましょう。

 上のグラフは発行株式数と自社株買いの推移になります。

 ウォルマートは2017年10月に2年間で200億の自社株買いを発表しました。コロナによる影響などもあり、予定より長い3年近く(FY21Q4まで)をかけて完了しました。これによりFY19Q1からFY21Q4にかけて1億5300万株の自社株買いが実施されました。さらに、2021年2月に2年間で200億$の自社株買いを実施するとの発表がありました。グラフの様に買取株数にばらつきはあるものの、継続した自社株買いを実施しており、今後の株価の上昇が期待できます。

 上のグラフは年間配当金の推移になります。

 毎年配当金を増配しており、48年連続増配を記録しています(記録継続中)。配当性向もそこまで高くなく、支払い能力に心配はないためこれからの増配も期待できます。

 自社株買いと配当による株主還元が素晴らしいため、ポートフォリオの1つに持っておきたいと思える銘柄です。株価が割安といえる水準ではないため、株価が下がれば積極的に買い向かいたいと思える銘柄だと思います。その代わり急激な成長などはないので急激な株価上昇は見込めないため、安定を求めた長期投資に向いていると思います。

まとめ

・2021年Q1(FY22Q1)の決算は売上高○、EPS○

・業績は堅調(海外は再編を実施しこれからどうなるか注目)

株主還元はGood(2021年2月に2年間で200億$の自社株買い実施発表)

コメント

  1. […] […]

  2. […] P&G、コカ・コーラ、ペプシコ、ウォルマート、コストコ、etc […]

  3. […] 決算まとめ Twitter Facebook はてブ Pocket LINE コピー 2021.08.22 前期決算まとめ記事はこちら 【WMT】2021年度第1Q(FY22Q1)決算発表 ウォルマート(Walmart)ウォルマート(W… […]

タイトルとURLをコピーしました