【UPST】Upstart2021年第1Q決算まとめ&銘柄分析

決算まとめ

Upstart(UPST)とは?

 Upstart($UPST)はクラウドベースのAI与信プラットフォームを提供している企業です。AIにより自動化された効率的な与信判断により、消費者は’’より高い承認率’’と’’より低い金利’’の恩恵を受けることができます。現在、Upstartのプラットフォームでは主に無担保個人ローンを提供しています。そこから事業領域を広げるために、2020年から自動車向けローンを開始しました。そして、自動車ローン事業を拡大するために、2021年3月にクラウドベース自動車小売ソフトウェアを提供するProdigy Softwareを約1億$で買収する契約を締結しました(買収は2021年Q2完了予定)。

事業環境

 現在、90%以上の金融機関がFICOスコアを利用し、誰がどの程度の金利で貸付を承認するかを決定しています。FICOスコアは単独で使用されることはありませんが、多くの貸付モデルのベースとなっています。銀行の与信モデルには一般的に8~15個の変数が組み込まれており、より精巧なものでも30個程度と言われています。しかし、当然のことながら世界はより複雑であり、これらのモデルではデフォルトの確率を確実に推定する能力には不十分であるため、多くの借り手はこの不正確な信用モデルの影響に苦しんでいます。借り手は高い金利により最終的に返済しきれないローンを組まれ、借り手と貸し手の両方に害を及ぼします。

 2019年12月のUpstartの研究によると、ローンを組んだアメリカ人の5人に4人はデフォルトに陥ったことはありませんが、アメリカ人の半数以上が優良な貸付を利用することはできません。FICOスコアが高い(信用度が高い)消費者であってもデフォルトの損失を実質的に補填するため、ローン支払いが高額になる傾向があります。しかし、UpstartではAIの技術を活用しローン貸付のリスクを正確かつ定量的に判断することができるため、従来のモデルで弾かれた優良な顧客を獲得することができます。Upstartの技術により債務者は低金利で借りることができ、債権者は正確な与信判断を効率的に行うことができます。

Upstartプラットフォームの導入による利点

消費者のメリット

・従来の貸付モデルと比較して承認率が27%高く、金利が平均16%低い

・貸付がウェブ上で完結する

 (2020年度では貸付の70%が書類のアップロード、電話確認が不要で即座に承認

銀行パートナーのメリット

・競争力のあるデジタル貸付を使用できる

 (大規模な予算が不要で費用対効果が高い)

・顧客基盤の拡大

・銀行の与信方針やリスク許容度でカスタマイズ可能

・損失率の低下

 既存モデルと比べ、承認率を保ち損失率を75%低下させている

ビジネスモデル

 Upstartの収益は主に銀行からの手数料で構成されています。手数料は大きく3つに分けることができます。

・銀行からの手数料はプラットフォームを通じて貸付が成約した際の紹介料

・プラットフォーム使用料

・消費者のローン返済時のサービス料

 (ローン有効期間の未払い元本に基づいて計算)

 Upstartプラットフォームでは、通常1000$~50000$の無担保個人ローンを提供しており、金利は通常6.5%~35.99%、返済期間は3~7年となっています。

リスク要因

・収益先の偏り

 CrossRiver Bank(CRB)は、Upstartの収益の大部分を占めています。また、Upstartの収益はCRBが2019年度では80%、2020年度では63%を占めています。

・景気サイクルの長期テスト不足

 景気後退サイクルの状況下で提供されておらず、AIモデルが不景気の状況下で信用リスクを正確に反映できない可能性があります。その場合、パフォーマンスが想定以上に悪化する可能性があります。

決算まとめ

 それでは今回の決算を見ていきましょう。

●2021年第Q1

 売上高 $121M(予想116.1M)前年同期比+90%

 EPS 0.22$(予想0.15$)

・取引ローン数 169,750件 前年同期比+102%

・コンバージョン率    22%(2020年Q1は14%)

●2021年第Q2ガイダンス

 売上高 $150~160M(予想$117.1M)

・貢献利益率 44%

・純利益   $8~12M

●2021年通期ガイダンス

 売上高 $600M (予想$503.2M)前年比+158%

・貢献利益率 42%

 売上高は予想$116.1Mに対し$121M(前年同期比+90%)、EPSは予想0.15$に対し0.22$と売上高、EPS共にコンセンサス予想を上回りました。また、取引ローン数は169,750件と前年同期比+102%、コンバージョン率は22%と前年同期から8%上昇しました。

 2021年Q2の売上高ガイダンスは$150~160M、2021年通期の売上高ガイダンスは$600Mとなっており、コンセンサス予想を大きく上回りました。そのため、決算発表後に株価は10%以上上昇しました。

業績

 それでは業績について詳しく見ていきましょう。

売上高

 上のグラフは「売上高と営業利益率の推移」になります。Upstartは売上高に季節性があり、Q4の売上高が高く、Q1の売上高が低くなる傾向があるとのことです(Form S-1に書いてありました)。

 2021年Q1の売上高は$121M(前年同期比+90%)となり、大きく上昇しました。また、営業利益率も13%と前期の水準を維持しています。

 売上高はパンデミックの影響により2020年Q2に大きく落ち込みましたが、そこから反転し上昇を続けています。Prodigy Softwareの買収もあるため、2021年Q2以降更なる売上高の上昇が期待できます。

貢献利益

 上のグラフは「貢献利益と貢献利益率の推移」になります。貢献利益は手数料収入から債務者獲得費用、確認費用、サービス費用を引いて算出されます。売上高と同じ様な推移をしており、パンデミックの底から大きく成長しています。

取引ローン数、コンバージョン率

 上のグラフは「取引ローン数とコンバージョン率の推移」になります。取引ローン数は169,750件と前年同期比+102%、コンバージョン率は22%と前年同期から8%上昇しました。

取扱ローン金額

 

 取扱ローン金額は$1.7Bを突破し、過去最高を記録しました。

融資の完全自動化率

 こちらのグラフの数値は書類のアップロード、電話確認が不要で即座に承認された割合を表します。

コロナの影響により一時落ち込んだものの、70%以上の水準に達しました。この数値が高くなればなるほど効率的に融資判断が行われていることを示します。

売上の偏り

 Upstartのリスク要因としてCrossRiver Bank(CRB)の売上高比率が高い点が挙げられます

Form 10-Qの資料によるとCRBの売上高全体に占める割合は

  2020年Q1 79% → 2021年Q1 60%

となりました。

 2019年度通期で80%、2020年度通期で63%となっているので少しずつCRBへの依存度が減少していることが分かります。まだまだ収益の半分以上がCRB頼りという点に不安は残りますが、このまま減少していけばそれも解消していくでしょう。

株価

●2021/6/12現在 

 ・株価   125.50$

 ・時価総額 $9.65B

 ・PSR    16.1倍

   ※2021年の通期ガイダンス売上高で計算

 Upstart(UPST)の株価は2021年Q1の決算発表後の3月に大きく跳ねました。そこからグロース株の軟調によりヨコヨコでしたが、グロース株の回復に伴い6月頭に新高値の191.89$を付けました。ここ最近はそこから株価が下がっており、6/11には‐14.3%と暴落しました。これはロックアップ解除が迫っているためです。ロックアップとは株式等の募集や売出しを実施した後の需給関係を安定させることを目的とし、発行者や大株主等と主幹事証券会社との間で、一定期間にわたり株式の新規発行や売却を行わないことについて合意することをいいます。そのため、ロックアップが解除されるとこれまで売ることのできなかった発行者・株主が株を売ることができるようになります。Upstartのロックアップ解除日は6/14と迫っているため、ロックアップ解除で下がることを見越して売却する層により大幅に下落しました。ロックアップ解除されたからと言って売られ続けて下落するとは思いませんが、株価の値動き(ボラティリティ)は大きくなると思います。

 個人的には長期で持てるほどこの企業に将来性・優位性を感じないかなぁと思いました。ShopifyがEC利用事業者に融資判断を行ったりするように、SquareやPaypal,Visaなどの決済関連企業は個人の決済データを握っているため、同様の融資判断事業に乗り出すのでは?と思っています(もしかしたらもうしてるかも)。その際に、Upstartの優位性が揺るがないのか、シェアを伸ばし続けられるのかと問われると僕には自信がありません。また、パンデミック時に売上が大きく落ち込んだように、長期の不況下で売上を伸ばし続けられるのか、デフォルト率が上昇しないのかが未知の状態です。そのため、現段階では長期保有対象としては見られません。しかし、モメンタムは感じるので短期・中期で遊び枠として持ってみるのはいいかも?と思っています。

まとめ

・2021年Q1の決算は売上高○、EPS○、ガイダンス◎

・CRBの売上高依存 ◎ 79%→60%へ低下

・6/14にロックアップ解除

・ここ数週間は値動きは激しいかも?

参考文献

https://sec.report/Document/0001193125-21-107766/d126640ds1.htm#toc126640_4

https://ir.upstart.com/node/6826/html

コメント

  1. […] 決算まとめ Twitter Facebook はてブ Pocket LINE コピー 2021.08.14 前期決算まとめ記事はこちら 【UPST】Upstart2021年第1Q決算まとめ&銘柄分析Upstart(UPST)とは? Upstart($UPS… […]

タイトルとURLをコピーしました