【PGNY】2021年第1Q決算まとめ&銘柄分析 プロジニー(Progyny)

決算まとめ

プロジニー(Progyny)とは?

 プロジニー(Progyny)はアメリカのニューヨーク州に本社を構える不妊治療専門の福利厚生ソリューション企業です。事業のメインとなる不妊治療ソリューションでは、スマートサイクルと呼ばれる効果的かつ費用対効果の高い不妊治療の利用とその他関連サービスを提供しています。スマートサイクルとは、プロジニーのネットワークを介して会員に提供される特定の医療サービスを含む独自の医療方法のことです。これらに加え、ケアマネジメントサービスと呼ばれる包括的なサービスも受けることができます。

 また、2018年から薬剤ソリューション「Progyny RX」を開始し、不妊治療の福利厚生ソリューションを強化しました。処方箋の履行支援や専門薬局ネットワークによるタイムリーな配送、服薬管理トレーニングなどを提供しています。このソリューションは不妊治療ソリューションの追加サービスとしてのみ提供されています。

競合優位性

・高い妊娠率と出産率、流産と多胎児の減少率

・17種類という豊富な不妊治療サービスを提供

・出産までの手厚いサービス

・高い出産率による企業の保険費用抑制

市場規模

ターゲットは従業員数1000人以上の企業

→米国に約8000社あり、潜在的な顧客数は6900万人

 「現在の会員数は270万人なので市場全体の4%にも満たない数字」

 2016年では顧客が2つの業界のみだったのが2021年では30もの業界で提供するほど拡大しており、今後の成長も期待できます。

事業リスク

・収益の多くをテクノロジー業界が占めており、最大顧客2社で収益の17%と15%合わせて32%を占めている

 最大顧客2社はおそらくグーグル、マイクロソフト辺りだと思います…

・新型コロナウイルスの再拡大

 パンデミック下では緊急でない医療行為の延期する大統領令や出産控えが発生し、収益に大きな影響を与える恐れがあります

決算まとめ

 それでは今回の決算を見ていきましょう。

●2021年第Q1

 売上高 $122.1M(予想121.5M)前年同期比+51%

 EPS 0.15$(予想0.08$)

・顧客企業数 179社  前年同期比+47社

・顧客数   270万人 前年同期比+60万人

●2021年第Q2ガイダンス

× 売上高 $126~131M(予想$130.04M)

× EPS 0.06~0.09$(予想0.09$)

●2021年通期ガイダンス

× 売上高 $520~540M (予想$535.2M)

 EPS 0.33~0.41$(予想0.34$)

 売上高は予想$121.5Mに対し$122.1M(前年同期比+51%)、EPSは予想0.08$に対し0.15$と売上高、EPS共にコンセンサス予想をわずかに上回りました。また、顧客企業数は179社と前年同期比+47社、顧客数は270万人と前年同期から60万人増加しました。

 2021年Q2の売上高ガイダンスは$126~131M、2021年通期の売上高ガイダンスは$520~540Mとなっており、コンセンサス予想を下回りました。また、EPSは2021年Q2で0.06~0.09$、通期で0.33~0.41$と予想からするとイマイチなガイダンスとなりました。

業績

 それでは業績について詳しく見ていきましょう。

売上高

 2021年Q1の売上高は$122.1M(前年同期比+51%)となり、大きく上昇しました。また、営業利益率も10%と大きく上昇しました。プロジニーの売上高は季節性があり、事業内容的に新年度を迎えるQ1に大きく上昇する傾向があります。

 売上高はパンデミックの影響により2020年Q2に大きく落ち込みましたが、そこから反転し上昇を続けています。また、薬剤サービスの売上高の割合が少しずつ大きくなってきています。

 営業利益率もこれまでは1桁台を推移していましたが、今期で2桁の大台に乗りました。

営業コスト

 上のグラフは「営業コストの推移」になります。粗利益率の推移を見ると少しずつ上昇しており、今期は24%に達しました。S&M(マーケ費用)の金額自体は少しずつ上昇しているものの、売上高に占める割合は年々減少しており、3%程度まで減少しています。G&A(一般販管費)も事業の拡大と共に金額自体は上昇しているものの、売上高に占める割合は10%前半を推移しています。

顧客数

企業数顧客数
従業員2,500人以下3969,000
従業員2,501~10,000人91469,000
従業員10,001~50,000人41894,000
従業員50,001人以上81,287,000
合計1792,657,000

 上のグラフは「顧客企業数、顧客数の推移」、表は2021年Q1における企業規模別の顧客数になります。

 顧客企業数を見ると新年度になるQ1に大きく増加し、その他の四半期ではほとんど増加していません。これは事業内容が企業向けの福利厚生ソリューションであり、基本的に期中ではなく新年度から導入することに起因します。推移を見ると順調に増加しており、増加数鈍化も見られません。

 2021年度では従業員数5万人以上の企業数は8社のまま増えませんでしたが、5万人以下の企業が前期から44社も増加しました。売上高や業界の分散という意味でも巨大企業でない企業数増加は大きいと思います。

株価

●2021/6/17現在 

 ・株価   63.88$

 ・時価総額 $5.65B

 ・PSR    10.7倍

 ・PER     173倍

   ※2021年の通期ガイダンス売上高で計算

 プロジニー(PGNY)はパンデミックにより売上高が減少したため株価も軟調でした。しかし、コロナの底を抜け強気の業績、業績予想などにより2020年下期からグングン上昇しています。株価のバリュエーションは2021年度のガイダンスで計算するとPSRが10.7倍、PERが173倍となっています。成長率が高く、将来性を考えるとまぁ妥当なのかぁ?と思います。

 今後の株価については、2021年Q3での2022年度のガイダンス発表までは個別要因で大きく変動はしないと思っています。11月に行われる2021年Q3で2022年のガイダンスが予想を大きく上回ることが有れば株価も上昇すると思います。ですので、プロジニーの成長を信じるなら11月までに少しずつ買い集めておくのもいいかもしれません。

まとめ

・2021年Q1の決算は売上高○、EPS○、ガイダンス×

・市場規模は大きく、市場占有率も高くない

 →今後の成長も期待できる

・2021年Q3での2022年ガイダンスに注目

 成長ストーリーを信じるなら今が買い集め時か?

参考文献

Progyny, Inc. 2021 Quarterly Report 10-Q
Security and Exchange Commission SEC Progyny, Inc. Form 10-Q

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました