【決算発表】インモード(Imode)2021年第2Q [INMD]

決算まとめ

事業内容

 インモードイスラエル発の美容機器メーカーで今爆発的に成長している企業です。脱毛や脂肪燃焼、シミ・そばかす除去、シェイプアップなどの機能を備えた高付加価値の美容機器を取り扱っています。これまで脂肪を除去するためには身体にメスを入れて脂肪を吸引することがスタンダードでしたが、インモードの機械では低侵襲、非侵襲(身体を殆ど切らない、全く切らない)を可能としていることが一番の特徴です。これまでの美容施術の痛くて費用が掛かりリスクがあるというイメージを払拭する革新的な技術を持っています。また、美容機器1つで1機能ではなく、一つの機器で複数の機能を持つことが出来ることも魅力の一つです。動画はインモードの美容機器の機能の一例です。

Morpheus8 Animation – 3 Pin Handpiece

 インモードの製品の販売先は一般人ではなく、クリニックや病院などの企業向けであるため、一度導入されれば安定した収益を挙げることが出来ます。また、美容機器本体だけではなく機器に必要な消耗品(動画にある肌に刺す針など)も販売しています。プリンターメーカーがプリンター本体ではなく消耗品であるインクカートリッジで大きく利益を出しているように、インモードも消耗品でかなりの利益を上げていることが予想できます。日本にも2017年に初上陸しました(日本初導入時の体験記事のリンクになります)。https://ananweb.jp/column/furuya-ukete/137359/

 コロナ渦による外出制限などにより人と会う機会が減ったり、マスクをしているため美容に気を遣う場面が減っていますが、ワクチン接種が進めば外出が増えマスクが不要になってきます。そうなれば女性は特に美容に力を入れるため、インモードの美容機器が活躍する機会が増えるだろうと期待しています。また、美容医療市場は年々成長しており、年10%弱の市場成長が予測されており、市場規模の成長と共に売上成長を期待することができます。

決算まとめ

 それでは今回の決算を見ていきましょう。

●2021年Q2

 売上高 $87.3M(予想$74.3M)

  前年同期比 +184%

 EPS 1.02$(予想0.79$)

●2021年通期ガイダンス

 売上高 $305~315M(予想$292M)

 EPS 3.10~3.25$(予想2.96$)

●経営陣コメント

・需要がコロナ前の水準まで急速に回復している

8/15に女性の健康に焦点を当てたプラットフォーム「Empower」を立ち上げ予定

 婦人科市場は美容市場の3倍近くの市場規模を誇る

・海外(特に欧州、アジア)での成長が売上高の伸びを牽引

 海外売上比率 2020年 23% → 2021年 34%

 売上高は予想$74.3Mに対し$87.3M(前年同期比+184%)、EPSは予想0.79$に対し1.02$とコンセンサス予想を大きく上回りました。決算発表前に売上予想を$86.5~87.0M、EPS1.00~1.01$と発表していましたので、決算の実績についてサプライズは特にありませんでした。

 2021年通期ガイダンスは売上高予想$292Mに対し$305~315M、EPSは予想2.96$に対し3.10~3.25$とコンセンサスと予想を上回りました。2021年Q2時点での進捗率は49%となっており、右肩上がりに売上高が成長している点とQ4は季節性で売上高が跳ねる点を考慮すると通期ガイダンスの売上高は軽く越してくるんじゃないかと思います。

 決算発表では、需要がコロナ前 コロナ前の水準まで急速に回復しており、海外(特に欧州、アジア)での売上高が急速に成長しているとの発言がありました。海外の売上比率も年々増加しており、2020年に23%を占めていましたが2021年には34%(全体の1/3)を占めるまでに成長しています。

 また、8/15に女性の健康に焦点を当てたプラットフォーム「Empower」を立ち上げ予定との発表がありました。以前から婦人科や眼科、泌尿器科などの新たな分野への参入を計画しており、この婦人科分野の「Empower」が新規分野への進出の第一歩となります。潜在的な市場規模は美容市場の3倍と大きく、今後の成長が期待できます。今後どれだけ収益の柱となることができるかに注目です。

業績

 それでは業績について詳しく見ていきましょう。

売上高

 上のグラフは「売上高、営業利益率の推移」になります。

 2021年Q2ではアメリカの売上高が$56.4M(前年同期比+134%)、海外の売上高が$31.0M(前年同期比+362%)となり全体で$87.3M(前年同期比+184%)という結果となりました。主戦場であるアメリカの成長もさることながら海外での売上高が爆発的に成長していることが分かります。海外売上が伸びることでアメリカの売上が占める割合が減ることで地域分散が進んでおり、良い傾向となっています。営業利益率も47.6%とコロナ蔓延時期を除けば右肩上がりに成長していることが分かります。

 売上高推移全体を見ると新型コロナにより売り上げが大きく落ち込みはしたものの、その後の強い回復により年々成長を続けています。また、営業利益率もコロナ渦を除けばじわじわと改善しており、現在では40%後半とかなり高収益なビジネスモデルとなっていることが分かります。それだけ高付加価値な製品を提供しているということが分かります。

 上のグラフは「地域別売上高比率の推移」になります。

 2019年Q1の海外売上高比率は21%でしたが、今期2021年Q2の海外売上高比率は35%と少しずつ大きくなっています。2021年Q2現在、68か国の地域で販売しており、特にアジアとヨーロッパで著しく成長しています。

機器別売上高

 インモードの機器は大きく下の3つに分類することができます。それぞれの売上高の推移について見ていきましょう。

・低侵襲、皮下焼灼

 …身体や顔に針を刺して施術する製品

・ハンズフリー

 …製品を身体に引っ付けるだけ(シックスパッドみたいなやつ)

・レーザー(従来型)、非侵襲

 …従来のレーザー治療や身体を傷つけない製品(デバイスを当てて熱で細胞を破壊したりする)

 上のグラフはアメリカでの「機器別売上高の推移」になります。各地域での機器別売上高は前期から公表し始めたのでデータは少なめになります。

 各項目の2020年Q1からの成長率は低侵襲,皮下焼灼が+107%、ハンズフリーが+43%、 レーザー(従来型),非侵襲が+83%となっています(2020年Q2はコロナにより大幅減収したためQ1と比較)。インモードの主力となる低侵襲デバイスの売上高が大きく伸びており、最新機器の導入やデバイスの追加が行われていることが分かります。

 上のグラフは海外での「機器別売上高の推移」になります。

 各項目の2020年Q1からの成長率は低侵襲,皮下焼灼が+213%、ハンズフリーが+436%、 レーザー(従来型),非侵襲が+188%となっています 。海外での売上高はアメリカと比較して著しい成長を見せています。全ての項目において爆発的に伸びているため、おそらく市場自体が大きく成長しているんだろうと思います。

粗利益率、営業コスト

 上のグラフは海外での「粗利益率、営業コストの推移」になります。

 粗利益率は85~87%と高い水準をキープしており、利益率の高いビジネスをしています。美容市場というニッチな市場であること、競合が少ないことが高い利益率に繋がっています。

 営業コスト比率はコロナによる影響で売上高が減少したため2020年Q1に大きく上昇しましたが、それを除くと少しずつ低下していることが分かります。しかし、2021年Q3には婦人科分野のプラットフォーム「Empower」がスタートしたこともあり、営業コストが増加するかもしれません。

株価

●2021/8/7現在 

 ・株価   116.14$

 ・時価総額 $4.44B

 ・PER   36.9倍 (2021年ガイダンス EPS=3.15$で計算)

 インモードの株価は今期の収益予想を出した7/12から1か月で25%近く上昇しています。そのため、PERは36.9倍と過去の水準で見てもかなり高くなっています。 2021年Q2時点での進捗率は49%となっており、右肩上がりに売上高が成長している点とQ4は季節性で売上高が跳ねる点を考慮すると通期ガイダンスの売上高は軽く越してくるんじゃないかと思います。 その一方で、デルタ株の流行によりQ3の売上高が若干下がる可能性もあるかもしれません。経済の回復具合によって大きく左右される部分もあるため、短期狙いで今入るのはあまりお勧めできないかもしれません。ですが、来期に始まる婦人科プラットフォームであったり、眼科、泌尿器科などの新たな分野への参入など今後の成長を期待できる企業なので長期的な視点だと購入してもいいかもしれません。

 現在私はインモードをPFの15%近く保有しており、今後も成長を期待しているので売却は予定していません。成長を期待していますが、PFの15%と最も保有銘柄で割合が多く、これ以上増えるとPFのバランスが悪くなるため買い増しは予定していません。

まとめ

・2021年Q1の決算は売上高、EPS共にOK

 通期ガイダンスも良好

・アフターコロナで追い風

・海外売上が爆発的に伸びている

・株価は割安水準? (筆者目線

参考資料

InMode Reports Record Second Quarter 2021 Financial Results: Quarterly Revenues of .3 Million Represent 184% Year Over Year Growth
/PRNewswire/ -- InMode Ltd. (Nasdaq: INMD) ("InMode"), a leading global provider of innovative medical technologies, today announced its consolidated financial....

コメント

タイトルとURLをコピーしました