【運用成績報告】2021年8月末 今月のパフォーマンス・PF

資産公開

 こんにちは、タニーです。

 今月も月間運用成績を報告していきます。今月は保有株(特にInmode)の調子が良くて大きく資産を伸ばしていましたが、月末にChewyが10%近く下落して着地しました…

運用資産推移

※グラフの”S&P500”は資産の全てをS&P500に投資した場合の損益額

 2021年8月資産状況(前月比)

 運用益(含み益を含む)  +155,000円(+3.7%)

 入金額(積立NISA含む) +34,000円      

 総資産        4,324,000円+189,000円

 今月は積立NISAの3.4万円だけの入金となりました。また、運用益は+15.5万とかなり増加しました。今月はInmodeとProgynyが大きく上昇し、その他保有株も1桁前半の上昇をした一方、Chewyが決算ミスで10%近く下落したため増加分が少し少なくなりました。

 今月は指数自体の調子もよく全体的に上昇基調だったので順調に資産を伸ばすことができました。先月時点ではあまり売却の予定はないと言っていましたが、年始に生まれる子供のジュニアNISAの資金捻出のために一部の銘柄を売却しました。詳しくは後述したいと思います。

売買記録

●売却

・COST(コストコ)        1株

・INMD(インモード)      24株

・CHWY(チューイー)      22株

・PGNY(プロジニー)   13株

・カナミックネットワーク   100株

・CRWD(クラウドストライク)  5株

●購入

・MKC(マコーミック)       5株

・ZTS(ゾエティス)     3株

・PGNY(プロジニー)      10株

・LMT(ロッキードマーチン)        6株

・DRVN(ドリブンブランズ)     17株

 

 今月はかなり売買が多くなってしまいました。

 COST,INMD,CHWY,PGNYはPFの割合が大きくなっていたこと、株価が想定よりかなり上昇していることから一部売却しました。INMDは平均して114$付近で売却して現在133$なので勿体ないことをしたなぁと思いますが、6,70%近くの利益を取れたのでヨシとしておきます。CHWYは前回決算で大幅下落した時に拾った分を決算前に91$付近で売却しました。PGNYも前回決算で下落した時に拾った分を53$付近で売却しました。

 カナミックネットワークは唯一の日本株でしたが、決算が思ったより満足できる内容ではなかったので売却しました。

 CRWDは決算前に上がりすぎだろと思って284$で全売却しました。決算も悪くなかったのでもし下落したら買い戻そうと思っています。

 MKC(マコーミック)は安定の株価が全然振るわないので、83$で買い増しをしました。

 ZTS(ゾエティス)はペット関連銘柄で将来性もありそうなので202$でちょっとだけ購入しました。

 PGNY(プロジニー)は決算ミスで大幅下落したので48$で購入しました(8月内に予想通り株価が戻ったので売却しています)。

 LMT(ロッキードマーチン)、DRVN(ドリブンブランズ)については現在の株価は安いだろと思って購入しました。

ポートフォリオ

 

 個別銘柄は12銘柄で70%、投資信託(積立NISA)が7%、現金が23%という構成になっています。

 今月は保有株を多く売却したので現金比率が大きくなっています。現金比率を増やしている理由は2つあります。

 1つ目は9,10月にかけて指数が下落するかもしれないと思っているからです。9,10月はアノマリー的に下落しやすい月であること、テーパリングを控えていることが原因で指数はあまり上昇しないんじゃないかと思っています。

 2つ目の理由は来年の2月に子供が生まれることです。子供が生まれるとジュニアNISAを利用する予定をしていますが、ジュニアNISAに必要な80万をどこからか捻出する必要があります。残念ながら80万をポンと生み出す資金力はないので、金融資産から取り崩す必要があります。そのため、ジュニアNISA口座に移すための資金を現金化して準備しています。こんなに早く準備する必要はないですが、1つ目の理由から早めに現金化しています。

 今後、ジュニアNISAで指数を購入すること、積立を継続していくこと、そして追加入金はあまり期待できないことを考えるとPFの指数が占める割合は増加していくことが予想できます。そのため、指数に大きく組み入れられているAMZN(Amazon)は売却しようかなぁと考えています。

銘柄紹介

 PFの個別銘柄について簡単に紹介していきます。

PGNY プロジニー(Progyny)

・不妊治療ソリューション企業

・アフターコロナで追い風

・長期を見据えた銘柄

INMD インモード(Inmode)

 ・イスラエルの美容系医療機器メーカー

 ・高収益、業界No.1

 ・高成長で既に黒字化している

 ・今後も期待できるPFの主力

COST コストコ(Costco)

 ・会員制スーパーマーケット

 ・会員証で収益をあげているため安定(商品はほぼ原価で販売)

 ・安定した配当と増配実績

 ・PFの緩衝材

CHWY チューイー(Chewy)

 ・ペット専用オンラインショッピング

 ・高い成長性

 ・定期購買率が高く基盤が安定

 ・今後の成長に期待している銘柄

TSM 台湾セミコンダクター

 ・半導体成長メーカー(ファウンドリー)

 ・高い成長性と業界No.1の技術力

 ・半導体製造のモートの高さ(簡単に真似できない)

 ・今後の強い半導体需要

MKC マコーミック(McCormick)

 ・香辛料、調味料メーカー

 ・安定した事業基盤

 ・安定した配当と増配実績

 ・PFの緩衝材

DIS ディズニー(Disney)

 ・エンターテインメント事業、映画、動画プラットフォーム(Disney+) etc

 ・強いブランド力と動画プラットフォームの高成長

 ・ポストコロナに期待している銘柄

AMZN アマゾン(Amazon)

 ・世界最大のECサイト運営

 ・動画ストリーミングサービス(Amazon Prime)を展開

 ・高収益のクラウド事業(AWS)で首位

TMO サーモフィッシャーサイエンティフィック(Thermo Fisher Scientific)

 ・医療機器、製品を販売

 ・業界最大手

 ・業績良好

ZTS ゾエティス(Zoetis)

 ・動物用医薬品を販売

 ・業績右肩下がり

DRVN ドリブン・ブランズ(Driven Brands)

 ・自動車修理サービス

 ・買収により規模拡大

 ・業績好調

LMT ロッキード・マーティン(Lockheed Martin)

 ・戦闘機etc

 ・業績安定、配当

8月も順調に資産を伸ばすことができました。9月以降はテーパリングが控えるなど厳しい状況が予想されますが、資産をあまり減らさないようにしていきたいです。また、その際に下げたいい銘柄は拾っていこうと思います。

 それではノ

コメント

タイトルとURLをコピーしました